HOME  >  犬の健康管理  >  季節ごとの健康管理:夏

季節ごとの健康管理:夏

夏は、犬にとって一番苦手な季節ですが、クーラーで急激に室温を下げることはやめましょう。ただし、犬は人間と比較すると、暑くもなく寒くもないと感じる温度が15~25度と幅がありますから、冷房病にはかかりにくいようです。

室外と室内の温度差があるときは、犬を外に出さないようにして、散歩は早朝や夕方に行うようにします。また、フィラリアの感染源である蚊にさされないように注意します。

そして暑い時期は、犬も食欲が落ちるので、消化のよい良質のたんぱく質を与えて栄養補給します。

スポンサーリンク