HOME  >  犬の異常時のチェックポイント  >  犬の歩き方がいつもと違う

犬の歩き方がいつもと違う

犬の歩き方犬の歩き方がいつもと違うとき、犬の足の裏に何かが刺さっていないか、傷ができていないか、指の間にダニがついていないかを注意してみてあげます。

外傷が目につかないようでしたら、関節炎で歩行障害を起こしていたり、クル病や骨の発育不足も考えられます。また、犬が足を床につけなかったり、さわると鳴き声を上げる場合には骨折や脱臼の可能性もあります。

スポンサーリンク