HOME  >  犬の問題行動  >  犬の攻撃性

犬の攻撃性

犬が吠えたり、噛んだり、攻撃的な行動をします。

【対処法】
犬の体の慢性的な痛み、視覚や聴覚の衰えによって近づくものに抱く恐怖心、運動機能の低下によって自分から危険を回避できないことへの強迫観念などが、攻撃性が増す原因と考えられます。

犬がどこかをかばうような不自然な動作があれば病院で検査をしましょう。そうでなければ、原因の多くは、相手が安全な存在かどうかわからないことへの恐怖心からくる防衛本能です。

家族や知人なら声をかけてあげることなどで、犬の落ち着きを取り戻します。

【治療法】
犬に選択的セロトニン、再取り込み阻害薬などを投与します。

スポンサーリンク