HOME  >  犬の迎え方  >  屋外飼いの注意点

屋外飼いの注意点

犬の屋外飼い屋外で犬小屋の脇に、犬が短い鎖で繋がれている光景はよく目にしますが、基本的に、犬は臆病で注意深い動物です。そのため、犬は危険を察知すると遠ざかるようにします。

しかし、鎖で繋がれていると、車やバイクの音でおびえても、犬は逃げることが出来ません。また天候や気温の変化に応じて、犬が自由に場所を変えることもできません。

そのため、もし犬を屋外で飼うなら、家の塀をしっかりして、犬が自由にできることが大切です。

また、犬を屋外で飼う場合、人や犬が道を歩くたびに、ワンワンと吠えて、迷惑をかけないように、犬の飼育環境を整え、社会性を十分に行うことが必要です。

スポンサーリンク