HOME  >  犬の事故・けが  >  室内での犬の事故:暖房器具

室内での犬の事故:暖房器具

犬の事故:暖房器具石油ストーブやガスストーブなど、炎の露出した暖房器を使う家庭は少なくなりましたが、暖房器具を使用する場合は、暖房器具の周囲に、犬が近づかないように、専用のサークルをつけて、万が一のやけどを防止します。

電気ストーブの場合も、発熱している部分に、犬の毛が触れると毛が燃える危険性があるので、注意が必要です。

また、犬が湯沸かしポットのお湯をかぶることもあります。このような犬にとって危険なものの置き場所には、注意しましょう。

スポンサーリンク