HOME  >  犬の事故・けが  >  室内での犬の事故:窓ガラス

室内での犬の事故:窓ガラス

透明な窓ガラスの場合、ガラスがないと勘違いして、犬がぶつかることがあります。防止策としては、ガラスにスクリーンを貼ったり、曇りガラスを使用してもよいでしよう。

またガラスにスクリーンを貼ることは、万が一犬が窓にぶつかった時に、ガラスの飛散防止になり、犬がガラス破片でケガをするのを防ぐことができます。

特に激突事故は、犬が遊びに夢中になっている時に発生するので注意しましょう。

スポンサーリンク