HOME  >  犬の高齢化のサイン  >  犬の歯

犬の歯

犬の歯日常の犬の歯のケアが十分でないと、歯垢や歯石がたまり、それが原因で歯周病になります。歯周病が悪化すると、犬の歯を支える歯ぐきや骨までダメージを受け、歯がぐらついてきてしまいます。

老化により犬の歯ぐきや歯を支える骨がやせることで、歯周病がおこりやすくなります。歯がぐらついていて、状態がひどくなると歯を抜かなければなりません。

もともと犬の歯は食べ物を引き裂くのが主な役割で、丸のみに近い食べ方をします。そのため、犬は歯が少なくなると、かみ切る必要のないやわらかいものしか食べられなくなります。

スポンサーリンク