HOME  >  犬の主な病気  >  白内障:犬の目の病気

白内障:犬の目の病気

犬の目の病気犬の老年性の白内障は8歳頃から発症します。また、遺伝や糖尿病、外傷などによって、6歳以前に若年性白内障を発症するケースもあります。

【症状】
犬の瞳孔の奥に白いにごりが見えます。視力の衰えから、物にぶつかったり、よろけたりすることが増えます。

【予防法】
老年性の場合は、特に予防法はありません。若年性の場合は、糖尿病などの原因となる病気の予防が大切です。

【治療法】
犬に目のにごりの進行を抑える薬の投与をする。濁りがひどくて視力の低下が著しいときは、水晶体摘出の手術をする場合もあります。

スポンサーリンク