HOME  >  犬のサイン  >  緊張時のサイン

緊張時のサイン

犬の緊張時のサイン飼い主が初めての診察で犬を動物病院に連れていくと、まず診察室に入ることを嫌がって抵抗して、入口で前足をつっぱって動かなくなり、引き綱を引いても尻りごみする犬がいます。

さらに診察台にあがると、しばらくの間、目を丸くして一点をみつめ、体をこわばらせ身動きしないでいるのが、緊張している時のサインです。

犬は野外でも、突然、いつもと違った散歩コースを歩いたり、そこで知らない犬に出会ったりすると、とっさに緊張のポーズをとって、不意の出来事にも対処する姿勢をとります。

また飼い主が、知らない場所の樹木などに犬を繋いでその場を離れると、その犬は、あたりをしばらく見回して、その雰囲気に気をくばり、見えなくなった飼い主の姿を追い求め緊張のポーズをとります。

スポンサーリンク