HOME  >  犬のサイン  >  不安時のサイン

不安時のサイン

犬の不安時のサイン散歩の途中で体が大きく強そうな犬に出会うと、気の弱い犬は耳を後ろに伏せ、口をわずか開いて、体を小さく丸くし、腰を落とし尾を股の間にはさみます。 このような緊張している姿勢になるのが不安の時のサインです。

また、犬が飼い主にいつも怒られてばかりいると、その犬は人の動きがいつも気になって、視線が定まらなくなります。犬は上目づかいにキョロキョロして、オドオドと落ち着きなく、前足で土をかいたり、鼻を鳴らして不安を訴えます。

このときの犬の精神状態は、非常に不安定でいつもより神経質になり、少しの物音や他人の動作にも敏感に反応するようになります。

スポンサーリンク