HOME  >  犬のサイン  >  警戒時のサイン

警戒時のサイン

犬の警戒時のサイン散歩の途中で、以前、喧嘩で負けた強い犬に出会うと、ちょっと警戒して不安のポーズをとります。 互いに身がまえ、にらみ合って一瞬動かなくなります。

それが度重なると、その犬をみただけでも恐怖心がおこり、犬は今まで倒していた耳を、急にピーンと前に立てたり後ろに倒したり、口を結んで体を丸めこわばらせ、さらに尾をやや低くさげて、足を前に突きだし突っぱらせます。 これが警戒している時のサインです。

スポンサーリンク