HOME  >  犬のしつけ  >  犬の幼児期(1ヶ月~2ヶ月)のしつけの注意点

犬の幼児期(1ヶ月~2ヶ月)のしつけの注意点

犬の幼児期のしつけ生後1~2か月は、子犬が犬の社会と同時に人間社会へもうまく適応できるように基礎づくりをする大切な時期です。運動といっても部屋の中を歩き回る程度だが、動きが活発になるので事故に注意する必要があります。

この犬の幼児期の終わり頃には、親元を離れて一般の家庭に引きとられていく子犬も出てきます。新しい環境に入った子犬にはまず安心感を与えることが第一だが、トイレのしつけだけは、初日からしっかりと行う必要があります。

スポンサーリンク