HOME  >  犬の手入れ  >  犬の毛の手入れ

犬の毛の手入れ

犬の毛の手入れ犬の日常の手入れをグルーミングといいます。グルーミングの基本はブラッシングです。ブラシをかけることで、犬の被毛の汚れを落とし、皮膚を刺激して血行を促し、被毛を美しく整えます。

ブラッシングは、犬の体の下部から始めます。部分的にブラシをかけ、だんだん上部にすすみ、犬の全身をとかします。

短毛種の犬や、やや長めの被毛を持つ犬種の場合は、まず、毛並みと逆にブラシをかけます。次に、毛の生えている方向にブラッシングをして、浮いた汚れやフケなどを除きながら、犬の毛並みを美しく整えます。ブラッシングがすんだら、蒸しタオルでふいて細かい汚れを落とし、さっぱりときれいに仕上げます。

室内犬に多い長毛種の犬の場合は、被毛を上下に分けて、下の方から部分的にとかしていきます。ブラシは、毛の生えている方向にあてます。まず毛先からかけ始め、根元まですすめます。

マルチーズやヨークシャーテリアのように、絹糸状の柔らかい毛は、スリッカーブラシをかけると切れるおそれがありますから、獣毛ブラシかピンブラシで整えます。

長毛種の犬の仕上げは、コーミングでブラッシングだけではとれない汚れを落とし、毛並みをそろえます。

スポンサーリンク